海外のFX業者に求める事



カテゴリー

FXのスキャルピング

1.非常に短時間で何回も取引を繰り返し、小さな勝ちをコツコツと積み上げていく方法です。勿論、デイトレードよりも取引回数は多くなりますから、それだけ瞬時の判断力や集中力が求められるトレード手法です。

2.取引回数が多くなりますから、取引手数料が無料で、スプレッドが狭く、尚且つスリッページの殆ど無い取引業者を選ぶことが重要です。

3.損失の値幅を狭く設定しておけば、数回負け続けたとしても損失が限定されるため、精神的にも安定した状態でトレードを行うことができます。


外国為替の売買差益を得る為に行う取引


sdf3434 FX取引とは、外国為替証拠金取引という外国為替の売買差益を得る為に行う取引です。国内でもインターネットでの取引を中心に本職の投資家だけでなく、サラリーマンや主婦も参加する程、少額でも投資が出来る他外国為替レートでの取引という簡単なルールである事からも人気を集めているハイローを専門にした投資です。

FXの魅力と言えば、いくつかある中でも上位に上げられるポイントは、「レバレッジ」です。レバレッジを効かせる事で少額の投資が実現する事になるのですが、国内では数年前までは100倍というレバレッジで取引が出来る大手の業者もありました。例えば米ドルの相場で1ドルが100円の場合の取引は10,000円を証拠金とする事で100万円に相当する1万通貨のポジションを持つ事が出来るのです。

それでも現在日本ではギャンブル性の高さ等の理由もあり、最大で25倍となっています。同様に1ドルが100円の相場ならば1万通貨のポジションを持つ為には4万円の証拠金が必要となります。このようにレバレッジを大きくする事で少ない投資金額で大きな金額を動かす事になります。逆に言うならば同じ投資金額ならば、レバレッジが高い方がより多くのポジションを持つ事が出来るという事になります。

勿論、その分リスクも大きくなる事は覚悟の上で取引をする事になりますが、それでもレバレッジが大きくなるとより少ない投資金額でも取引が出来るようになるという事も事実です。そんな取引を実現出来るのは、現在では国内のFX取引ではなく海外FXのみとなっています。海外FXを行うメリットの中でもこのレバレッジの大きさも魅力の1つとなっています。現在では海外FXはレバレッジについては規制が無い事が現状となっています。それでもそれぞれの海外の業者は独自にレバレッジの上限を設けていて、300倍から1000倍という範囲となっているようです。

投資用の資金が沢山ある方にとっては、国内での25倍以内となっている取引が賢明であるという事も言えますが、少額でお小遣いを稼ぐ事を目的としたサラリーマンや主婦の方にとっては、証拠金が500円からでも取引可能となっている海外FXがお勧めと言えるでしょう。例えば1万円を証拠金として300倍のレバレッジで取引をする場合には、1万円で300万円の取引をする事になります。運よく良い方向へ相場が移行した場合には、1万円で25万円分の取引しか出来ない国内のFXと比べると利益の差は歴然としています。勿論残念ながら反対の方向へ相場が進んでしまった場合には、証拠金の1万円は無くなってしまいますが、それだけで損失を限定する事が出来ます。

初めてFX取引を行うという方にも500円から始められる海外FXはかなりお勧めと言えるでしょう。海外のFX業者でも日本語での取引が可能となっているので、国内の業者で取引をする事となんら変わりは無いようです。