海外のFX業者に求める事



カテゴリー

FXのスキャルピング

1.非常に短時間で何回も取引を繰り返し、小さな勝ちをコツコツと積み上げていく方法です。勿論、デイトレードよりも取引回数は多くなりますから、それだけ瞬時の判断力や集中力が求められるトレード手法です。

2.取引回数が多くなりますから、取引手数料が無料で、スプレッドが狭く、尚且つスリッページの殆ど無い取引業者を選ぶことが重要です。

3.損失の値幅を狭く設定しておけば、数回負け続けたとしても損失が限定されるため、精神的にも安定した状態でトレードを行うことができます。


バイナリーオプションにお勧めの出入金事情、ハイロー


sdf3434sf ハイローは銀行送金、クレジットカード、ネッテラーの3つの方法で入出金が可能です。意外に高いバイナリーオプションの最低金額が5000円からと低め、出金も10000万円からと少な目の出し入れが可能なのが嬉しいところです。また入金は、クレジット、ネッテラーの場合はすぐに反映されるので、すぐ取引開始となります。ただしクレジットカードの場合、出金が出来ないと言う落とし穴があるので注意してください。

銀行送金の場合は、かなりすばらしい特典があります。日本時間15時=つまり日本の銀行の営業時間内までの出金要請をすれば、翌日可能、入金の場合も15時を過ぎると、日にちをまたがないといけませんが、15時までであれば1時間程度で開設は可能です。確実な時間帯は平日8時~12時、つまり日本の銀行の営業時間の午前中に依頼をすれば、間違いありません。ちなみに時間外でも1日遅れる程度になっています。

ネッテラー利用の場合は即時反映されます。このスピード感がハイローオーストラリア最大の魅力になっています。お金の出し入れ、FX,バイナリーオプションとも日本語サポートが充実するなど、各業者ともかなりいろいろなサポートを打ち出してきてはいるのですが、やはり通常のクレジットカード利用の場合は、ノンストレス、ノーリスクともいかず、銀行送金の場合は、海外送金の面倒がついてくるのが落とし穴なのですが、ハイロー・オーストラリアはこの点を大きく改善しました。

クレジットで出金不能がちょっと残念ではありますが、銀行送金がかなり早いので、銀行を利用している場合はあまり問題はないでしょう。逆にいうと、他の海外業者の場合、銀行送金方法は「遅い」ので、特に時間を気にすることもないのですが、ハイローの場合は、出金申請の時刻によって丸1日ズレが生じてしまうことになります。便利な機能を有効活用するために、出金時間は覚えておきたいところです。これが他のFX外資系企業と大きく違う点ですね。

取引方法のお勧めは今1番安全、便利と言われるネッテラーです。時間を問わず反映されるのが、最大のメリットです。

またハイローのような異色の特徴を持つ海外業者のでの取引の場合、ハイ&ロー、しかも少ない銘柄での取引となります。全くタイプの違う、多くの銘柄で取引方法多数の業者と両立したいと思っても現実には面倒がかなり増えるのですが、ネッテラーを利用していれば、出入金方法はそのまま利用できますので、困ることもありません。ただし、どの方法でも手数料はかかりますので、その点は頭に入れておきましょう。